Welcome to Science and Technology HomePage

業務事例

MODEL

流動モデルの開発

 流動モデルは、対象域の水温、塩分、流れ場等の物理的現象を再現・予測が可能であり、環境評価の基礎的解析を行うものである。


流動モデル

生態系モデルの開発

 生態系モデルは、物理、生物、化学プロセスを考慮し、評価・解析を行う。さらに、環境修復の対策、水質汚染、赤潮の発生、貧酸素化、化学物質の評価解析、漁場環境の解析・評価を可能にするものである。


生態系モデル

有害化学物質運命予測モデルの開発

 有害化学物質運命予測モデルは、対象となる化学物質の水域における環境濃度予測が可能である。さらに、対象物質の生物毒性実験等からの無影響濃度(NOEC)等を利用し、対象域における生態リスク評価あるいは、個体および個体群の維持に関わる評価を可能にするものである。


有害化学物質モデル

アサリの浮遊幼生の個体群モデルの開発

 アサリ浮遊幼生の個体群モデルは、アサリ浮遊幼生の供給経路および供給源の予測評価が可能であり、アサリの個体群の維持管理に有用なものである。


アサリの浮遊幼生の個体群モデル

Windowsバージョンの可視化ソフトの開発

 可視化ソフトは、グラフィック・インターフェイスを用い水域環境評価モデルがWindows上で起動可能にしたものである。さらに、計算結果の推定濃度や評価結果を画面上にカラー表示するものである。


Windowsバージョンの可視化ソフト

▲pagetop