Welcome to Science and Technology HomePage

Category

研究実績

論文

  • 江里口知己・堀口文男・亭島博彦・中田喜三郎(2015):海洋生物体内の放射性セシウム濃度の数値モデル解析−東京湾における福島第一原発事故由来の放射性セシウム−,海洋理工学会誌,21(2):19-30.
  • 亭島博彦・江里口知己柳田圭悟・堀口文男(2015):東京湾に生息するアサリの放射性セシウム,海洋理工学会誌,21(1):31-36.
  • 柳田圭悟江里口知己・石川百合子・堀口文男 (2014) : AIST-RAMTB Ver.2.0の開発とLASのリスク評価.海洋理工学会誌,20(1&2):45-51.
  • 江里口知己・堀口文男・亭島博彦・中田喜三郎・高倍昭洋・田口浩一 (2013) : 有害化学物質生物蓄積モデルによるシロギス体内の放射性セシウムの推定, 海洋理工学会誌, 19(2) : 35-41.
  • 江里口知己柳田圭悟・堀口文男・亭島博彦・中田喜三郎・高倍昭洋 (2013) : 東京湾における30年後の放射性セシウムの濃度推定, 海洋理工学会誌, 19(2) : 27-34.
  • 亭島博彦・江里口知己柳田圭悟・堀口文男 (2013) : 東京湾における放射性セシウムの現状解析, 海洋理工学会誌, 19(2) : 1-11.
  • 柳田圭悟江里口知己・堀口文男 (2012) : 有害化学物質生物蓄積モデルWindows版Ver.2.0, 海洋理工学会誌, 18(1) : 25-32.
  • 亭島博彦・江里口知己・小林憲弘・堀口文男 (2012) : 東京湾に生息する魚類中のコプラナーPCBに関する研究, 海洋理工学会誌, 18(1) : 25-32.
  • 柳田圭悟江里口知己小松原由美・亭島博彦・堀口文男 (2012) : 東京湾における鉛、銅、銀の生態リスク評価, 海洋理工学会誌, 17(2).
  • 堀口文男・小林憲弘・柳田圭悟江里口知己 (2011) : 海域における有害化 学物質生物蓄積モデルWindows版の開発, 海洋理工学会誌, 16(1) : 93-101.
  • 江里口知己市川哲也・中田喜三郎・小林憲弘・堀口文男 (2009) : 海洋における有害化学物質生物蓄積モデルの研究―東京湾マアナゴモデル―, 海洋理工学会誌, 15(2):189-195.
  • 江里口知己市川哲也・中田喜三郎・堀口文男 (2009) : 海洋における有害化学物質生物蓄積モデルの研究−プロトタイプモデル開発−, 海洋理工学会誌, 15(1):15-21.
  • 伊東永徳江里口知己市川哲也・堀口文男 (2009) : 数値モデルによる東京湾の船底防汚塗料(銅ピリチオン)に対する生態リスクの軽減方法の検討(技術資料), 日本マリンエンジニアリング学会誌, 44(1):85-91.
  • Toru Nakane, Kisaburo Nakata, Heather Bouman, Trevor Platt (2008) : Environmental control of short-term variation in the plankton community of inner Tokyo Bay, Japan.(東京湾奥部におけるプランクトン群集の短期変動に係る環境制御), Estuarine Coastal. Shelf Science, 78:796-810.
  • 長谷川一幸・清野通康・横田瑞郎・秋本泰・丸茂恵右・市川哲也・長谷川晃一 (2008) : 数値シミュレーションモデルを用いた大阪湾奥部における物理環境特性の把握, 海洋調査技術, 20(2):23-37.
  • Tetsuya Ichikawa, Morihiro Aizaki, Mikio Takeshita (2007) : Numerical study on amelioration of water quality in Lakes Shinji and Nakaumi - a coastal brackish lagoon system, Limnology, 8(3):281-294
  • 江里口知己伊東永徳市川哲也・亭島博彦・中田喜三郎・堀口文男 (2007) : 東京湾における有害化学物質のリスクトレードオフの研究, 海洋理工学会誌, 13(1):21-33.
  • 伊東永徳中根徹・安井久二・中田喜三郎・堀口文男 (2006) : 船底塗料(TBT)の代替防汚物質に関する有毒性評価の研究, 海洋理工学会誌, 12:15-25.
  • Fumio Horiguchi,Naganori Ito, Ken Okawa, Tetsuya Ichikawa, Kisaburo Nakata (2004) : Risk Assessment of TBT using Japanese Short-neck Clams (Ruditapes Philippinarum) of Tokyo Bay, 海洋理工学会誌, 10(1):1-15.
  • 小池勲夫・向井宏・菊地永祐・中田喜三郎・鷲見栄一・左山幹雄・岡健司・中根徹・寺沢知彦(共著) (2000) : 海底境界層における窒素循環の解析方法とその実際. 底層から堆積物へのフラックス―セジメントトラップによる解析, 産業環境管理協会, ISBN:9784914953546.
  • 鈴村昌弘・國分治代・中根徹・伊藤学・小池勲夫 (1999) : 東京湾における物理場の実時間変動の数値モデル解析, 資源と環境, 8:351-358.
  • 掘口文男・山本譲司・中根徹 (1999) : 東京湾における物理場の実時間変動の数値モデル解析, 資源と環境, 8:67-74.
  • Naganuma, T., S. Konishi, T. Inoue, T. Nakane, S. Sukizaki (1996) : Photodegradation or photoalteration? Microbial assay of the effect of UV-B on dissolved organic matter.(光分解か光による変化か?−溶存有機物に対するUV-Bの影響に関する微生物試験), Marine Ecology Progress Series, 135:309-310.
  • 安井久二・中根徹 (1996) : 海洋堆積物中の有機炭素・窒素分析のための酸処理方法について, J. Adv. Mar. Sci. Tech. Soci., 2:105-110.
  • Kisaburo Nakata, Fumio Horiguchi, Toru Nakane (1992) : The Seasonal Change of Phytoplankton Size Distribution using Optical Fiver Sensor.(光ファイバーセンサーを用いた植物プランクトンのサイズ分布の季節変化), Conference for Pacific Ocean Environments & Probing, 669-676.
  • 辻正明・中根徹 (1990) : 内浦湾奥部の栄養塩等の鉛直分布に及ぼす短周期内部波の効果, 公害, 25:33-46.
  • 中田喜三郎・鋤崎俊二・中根徹 (1988) : 三河湾における沿岸性かい脚類の摂餌, 公害, 23:43-55.
  • 中田喜三郎・中根徹 (1987) : 三河湾におけるプランクトンの呼吸速度, 公害, 22:281-294.
  • 中田喜三郎・中根徹 (1986) : 三河湾における懸濁態有機物、プランクトン、マクロベントスの化学組成と環境水中の栄養素比, Bull. Nat. Inst. Poll . & Res.(公害資源研彙報), 16:45-58.
  • 中田喜三郎・中根徹 (1985) : 三河湾における夏季の水域環境, 公害, 20:43-52.

学会

  • 柳田圭悟江里口知己・林彬勒・堀口文男(2016):東京湾リスク評価モデル(AIST-RAMTB Ver.3.0)の開発,海洋理工学会平成28年度春季大会.
  • 柳田圭悟江里口知己・堀口文男(2016):有害化学物質生物蓄積モデル(AIST-CBAM Ver.4.0)の開発,海洋理工学会平成28年度春季大会.
  • 江里口知己柳田圭悟・堀口文男・亭島博彦・中田喜三郎・高倍昭洋(2015):東京湾における30年後の放射性セシウムの濃度推定,海洋理工学会平成27年度秋季大会.
  • 柳田圭悟江里口知己・堀口文男(2015):有害化学物質生物蓄積モデルWindows版Ver.3.0の開発,海洋理工学会平成27年度春季大会.
  • 亭島博彦・江里口知己柳田圭悟・堀口文男(2015):東京湾に生息するアサリの放射性セシウム,海洋理工学会平成27年度春季大会.
  • 市川哲也田中啓介(2014):サロマ湖におけるホタテラーバ漂流モデルの開発,海洋理工学会平成26年度秋季大会.
  • 市川哲也(2013):数値モデルを用いたアサリ浮遊幼生の貧酸素応答予測,水産海洋地域研究集会,第9回伊勢・三河湾の環境と漁業を考える.
  • 江里口知己柳田圭悟・堀口文男・亭島博彦・中田喜三郎・高倍昭洋 (2013) : 数値モデルによるシロギス体内の放射性セシウムの推定, 海洋理工学会平成25年度春季大会.
  • 亭島博彦・江里口知己柳田圭悟・堀口文男 (2013) : 東京湾における放射性セシウムの現状についての解析, 海洋理工学会平成25年度春季大会.
  • 堀口文男・江里口知己柳田圭悟・亭島博彦・中田喜三郎・高部昭洋 (2013) : 沿岸生態リスク評価モデルを用いた東京湾の放射性物質濃度推定, 海洋理工学会平成25年度春季大会.
  • 江里口知己・堀口文男・中田喜三郎・高倍昭洋 (2012) : 有害化学物質生物蓄積モデルによるシロギス体内の重金属濃度推定, 海洋理工学会平成24年度春季大会.
  • 亭島博彦・江里口知己柳田圭悟・堀口文男 (2012) : 東京湾における鉛および銅の生態リスクに関する研究, 海洋理工学会平成24年度春季大会.
  • 堀口文男・柳田圭悟江里口知己 (2012) : 海域生物の食の安全評価モデルプロトタイプの開発, 海洋理工学会平成24年度春季大会.
  • 柳田圭悟江里口知己・堀口文男 (2012) : 有害化学物質生物蓄積モデルWindows(γ)版Ver.2.0, 海洋理工学会平成24年度春季大会.
  • 市川哲也田中啓介・堀口敏宏・蒲原 聡・山田 智・鈴木輝明 (2012) : 三河湾におけるアサリ浮遊幼生貧酸素影響モデルの開発, 海洋理工学会平成24年度春季大会.
  • 江里口知己小松原由美柳田圭悟・亭島博彦・中田喜三郎・堀口文男 (2011) : 数値モデルを用いた東京湾のシロギス体内の重金属濃度推定, 海洋理工学会平成23年度春季大会.
  • 柳田圭悟江里口知己小松原由美・亭島博彦・堀口文男 (2011) : 東京湾における重金属の生態リスクの現状, 海洋理工学会平成23年度春季大会.
  • 江里口知己・中田喜三郎・小林憲弘・堀口文男 (2010) : 海洋における有害化学物質生物蓄積モデルの研究−東京湾マアナゴモデルのバージョンアップ−, 海洋理工学会平成22年度春季大会.
  • 市川哲也江里口知己・日向野純也・藤岡義三・長谷川夏樹 (2010) : 伊勢湾におけるアサリ浮遊幼生の移送分散シミュレーション, 海洋理工学会平成22年度春季大会.
  • 柳田圭悟・江里口知己・小林憲弘・堀口文男 (2010) : 有害化学物質生物蓄積モデル−Windows版プロトタイプの開発−, 海洋理工学会平成22年度春季大会.
  • 江里口知己市川哲也・中田喜三郎・堀口文男 (2009) : 海洋生物への有害化学物質蓄積モデルの研究−東京湾のマアナゴモデル−, 海洋理工学会平成21年度春季大会.
  • 市川哲也江里口知己・橋本伸哉・中田喜三郎・堀口文男 (2008) : 海洋におけるトリブチルスズ(TBT)の分解生成物に関するモデル開発−東京湾における事例研究−, 海洋理工学会平成20年度秋季大会.
  • 市川哲也 ・桃井幹夫・鈴木輝明・石田基雄 (2008) : リセプターモードモデルを利用した造成適地選定手法, 平成20年度日本水産工学会秋季シンポジウム「内湾における環境修復の方向性と新手法」.
  • 市川哲也江里口知己・安井久二・亭島博彦・栗原路子・橋本伸哉・中田喜三郎・堀口文男 (2008) : 海洋における化学物質の分解生成物に関するモデル開発について, 海洋理工学会平成20年度春季大会.
  • 江里口知己市川哲也 ・中田喜三郎・堀口文男 (2008) : 海洋生物への化学物質蓄積モデルの研究−プロトタイプモデルの開発−, 海洋理工学会平成20年度春季大会.
  • 市川哲也 (2007) : 水質変動シミュレーションの結果からみた宍道湖・大橋川・中海の将来, 第23回水郷・水都全国会議松江大会 第4分科会「中海漁業復活と宍道湖漁業振興のみちすじ」.
  • Horiguchi Fumio, Kisaburo Nakata, Mikio Momoi, Tomomi Eriguchi , Ken Okawa, Junko Nakanishi (2005) : Development of Ecological Risk Assessment Models for Estuaries, The 8th International Marine Environmental Modeling Seminar 2005 Helsinki, Finland.
  • Ken Okawa, Fujio Fujimoto, Toru Nakane, Takashi Ishimaru (2004) : Case Study of Oil Spill Simulation in Tokyo Bay using Advanced Marine Environment Geographic Information System (MEGIS) with ESI Maps.(ESIマップを付加した改良海洋環境地理情報システムを用いた東京湾における油流出シミュレーションのケーススタディ),
  • Tetsuya Ichikawa, Setsuo Ono (2000) : Latest Measures and Systems for Water Quality Monitoring-Geographic Information Technology(GIS)-, Toxic and Hazardous Waste Management in Laguna de Bay Region(2000) Manila, Philippines.
  • 鈴村昌弘・國分治代・中根徹・伊藤学・小池勲夫 (2000) : 東京湾湾奥部における堆積物からのリンの溶出に関する研究, 日本海洋学会秋季大会.
  • 小池勲夫・李芝旺・中根徹・嶋村茂・左山幹夫 (1995) : 海底境界層における物質循環と生物活動 1.近底層における水質及び生物群集の挙動, 日本海洋学会春季大会.
  • 中根徹・中田喜三郎 (1994) : 噴火湾における植物プランクトンのサイズ分布測定結果について, 海洋理工学会春季大会.

表彰

  • 2016年:海洋理工学会 平成27年度論文賞
  • 2015年:海洋理工学会 平成26年度論文賞
  • 2014年:海洋理工学会 第12回堀田記念奨励賞
  • 2014年:海洋理工学会 平成25年度論文賞
  • 2010年:海洋理工学会 平成22年度春季大会優秀ポスター賞
  • 2010年:海洋理工学会 第8回堀田記念奨励賞
  • 2009年:海洋理工学会 平成21年度業績賞
  • 2009年:海洋理工学会 第7回堀田記念奨励賞
  • 2005年:海洋理工学会 平成16年度論文賞

▲pagetop